ワクチン在庫、医療機関の間で融通が可能に向けた医療機関側の対応は?

自治体から「ワクチン不足」が指摘されるなか、政府は在庫が偏在しているとみており、その解消を目指す目的で、厚生労働省は、7月5日付けでファイザー製ワクチンを使っている自治体に対して、接種会場となっている医療機関などでワクチンが余っていれば、別の施設に融通することを認めると通知したようです。 ファイザー社ワクチンはこれまで、同社の国内倉庫から専用の冷凍庫を持つ比較的大きな病院などに運び、そこから近隣の診療所などへ配送されてきた。医療機関の間での融通は原則として認められていなかったということです。厚労省は「認めない理由は特になかったが、ワクチンは本来融通しないものだ」(担当者)としていますが、なんとも官僚的な答えで、理解に苦しむが、世論の力でようやく硬い腰をおろしてくれることになり、今回の新しい融通可能措置が実現されました。

そのため、今後は、

1、医療機関などの間で何度でもワクチンを融通できるようになります。

2、市町村や都道府県を越えた融通もできます。

ワクチンの融通に伴い、元の施設がワクチンのロット番号や本数などを書面に記し、融通先の施設と都道府県に提出することで、仮にワクチンに不具合がありリコールが必要になった場合でも、適切に対応できるようにしなければなりません。 つまり、ワクチンの移動だけではなく、多くの管理書類の移動も発生することが想定されます。

「J-BOX BIO MISSIONシリーズ」は収納ポケットを3つ設置し、書類と印鑑活用が想定される日本独自システムにフィットした設計となっていますので、非常に現場から高評価をいただいており、活躍の場を増やしています。
以下、医療機関における当社の「J-BOX BIO MISSION」の活用シーンをまとめましたので、ぜひ一読頂ければ幸いです。

上記に伴い、全国の医療機関向けに、下記製品の提供を開始します。

・性能を維持したまま、「軽量化」を実現できた「J-BOX BIO MISSION SMART」

・一眼でわかるモデルナ 、ファイザーワクチン専用バイアルホルダー

直近、自治体に限れず、愛知県、長野県、茨城県、福岡県などの医療機関からも注文をいただいております。

当社としては、「J-BOX BIO MISSIONシリーズ」を通して、少しでも社会貢献できることを願っております。

オンラインショップ:https://wish2020.jp/

では、梅雨が続いている中、皆さん、くれぐれもお気をつけくださいませ。

また、次回、お会いしましょう!!

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。